1. TOP
  2. お金の知識あれこれ
  3. セルフゴックスとは?仮想通貨(暗号通貨)のセキュリティを考える!ウォレット以外の管理は?マウントゴックス事件?

セルフゴックスとは?仮想通貨(暗号通貨)のセキュリティを考える!ウォレット以外の管理は?マウントゴックス事件?

仮想通貨投資をしていると、最初はいろいろ失敗もあるかと思います。
そんな失敗のなかで、仮想通貨ならではの失敗があります。

それは、セルフゴックスと呼ばれるものです。
仮想通貨用語に、ゴックスという言葉があります。

ゴックスとは仮想通貨を盗難されるなどして紛失することをいいます。
言葉の由来は、以前にマウントゴックスという取引所で盗難事件があり大量のコインが盗まれてしまったのが始まりです。

セルフゴックスとは文字通り、自分で無くしてしまうことです。
自動車の運転では単独事故のようなものです。

サッカーの試合ではオウンゴールのようなものかもしれません。
いずれにせよ、これは悔しいものです。

セルフゴックスの事例

誤送金

まず、セルフゴックスの代表的なものに誤送金があります。
仮想通貨をどこか他の場所に送ろうとしたときに無くしてしまうことがあります。

仮想通貨を送金する際は、送金先のアドレスに送るのですが、そのアドレスを間違えて送ると無くなってしまうのです。
仮想通貨を送金する際に怖いのは、やり直しがきかないことです。

間違えて送ったら最後、永遠に戻ってくることはありません。
なので、送金の際は充分に注意が必要です。

秘密鍵の紛失

つぎに、ウォレットの秘密鍵の紛失によりセルフゴックスしてしまうなんていうこともあります。
ウォレットには開け閉めする秘密鍵というものがあるのですが、これがわからなくなるとウォレットを開けることができなくなってしまいます。

秘密鍵を紙などに記録するなどして無くさないように、またそれを他の誰かに見られないように注意しましょう。

ハードウォレットの紛失や故障など

そして、ハードウォレットでのセルフゴックスにも注意が必要です。
ハードウォレットはインターネット回線から切り離されているので最も盗難にあう確率が低いといわれています。

しかし、管理する本人が無くしてしまったり、壊してしまったら終わりです。
ハードウォレットは安全といわれていますが、自分でしっかりと管理していかなければなりません。

まとめ

セルフGOX(セルフゴックス)とは何か、なぜ起こるのか?についてみてきました。

原因をあらかじめ知っておき、暗号資産の取り扱いに注意を払うことにより、セルフGOXする可能性を抑えることができます。

今回、私自身記事を書きつつ、改めてセルフGOXには気をつけようと思いました。

自分の不注意によって大切な資産を失ってしまったら、後悔してもしきれませんですからね。それではセルフGOXに気をつけて、暗号資産(仮想通貨)ライフをお送りください。

関連記事

  • ビットコインから見る仮想通貨(暗号通貨)の今後とは!オススメの通貨と取引所は?税金は?国の対応は?

  • 信用創造とは?銀行の仕組みやお金の動きを分かりやすく解説!問題点は?

  • 仮想通貨(暗号通貨)初心者にオススメ記事!始め方、儲け方、やり方を徹底解説!未成年でも口座は作れるの?

  • 株や投資で失敗して借金を作る可能性って本当に有るの?当ブログで検証!自己破産は可能?不可能?