1. TOP
  2. 未分類
  3. どんな人におすすめ?近年注目されている、新しい車のサブスク『KiNTO』を大調査!

どんな人におすすめ?近年注目されている、新しい車のサブスク『KiNTO』を大調査!

「サブスク」と聞くと音楽や動画などで 人気のサブスクリプションサービスをイメージする方が多いかもしれません。

最近では、ついに車のサブスクリプションサービスが登場しました。

まだ馴染みが薄い、車のサブスク。 そこで今回は、 トヨタの新しいサービス「KiNTO」について 大調査しました!

「トヨタのKiNTOはどんなサービス内容なの?」
「料金は?お得なのか知りたい。カーリースと何が違うの?」
「KiNTOのメリットは?どんな人に向いているのだろう・・・」

トヨタのKiNTOにおける疑問を全部まるごと解決しましょう!

車の総額徹底比較

※ カローラ クロス Gグレード(GAS・1.8L 2WD)・最安値パッケージ・追加オプション無しの条件で7年間利用した想定で算出。
KINTOについては、初期費用フリープランでボーナス月加算110,000円(税込)を設定した場合。表示価格はいずれも税込です。

KINTO 残価設定型クレジット
(金利4.9%、残価率37%にて算出)
現金一括払い
最長契約期間 7年契約 5年契約 なし
初期費用 なし 150,000円 2,425,200円
月々 21,780円
ボーナス月(14回) 131,780円
10,400円
(初回 11,191円)
ボーナス月(10回) 131,000円
保有期間中の維持コスト
※内訳は維持コスト内訳をご確認ください
なし 5年分で
1,119,162円
7年分で
1,681,297円
総額 7年間乗り続けた場合
3,369,520円
5年でのりかえGO利用の場合
2,607,367円
150,000円 2,425,200円
契約満了時 ご返却いただきます※1 ご返却または買取※2 (7年後の下取り参考価格:
227,520円)

※のりかえGOの手数料5ヶ月分で試算。詳細はこちらをご覧ください

維持コスト内訳 7年分 5年分 7年分
自動車税 なし
(コミコミ)
KINTOの自動車保険は
年齢・等級に関係なく
誰でも同一料金!
144,000円 216,000円
車検 61,600円 123,200円
自動車保険※3 475,380円 660,050円
タイヤ 82,984円 165,968円
バッテリー 41,261円 82,522円
その他費用※3 313,937円 433,557円

※1KINTOは一定期間車をご利用いただくサービスのため、契約期間満了後に車両を返却頂きます。返却車両の走行距離や、車両状態が契約時に定めた条件を満たさない場合、別途追加料金が必要となります。KINTO詳細はこちらをご確認ください

※2残価設定型クレジットの支払総額のうち、月々のお支払い回数は59回にて算出しております。最終回のお支払いは、①新しいクルマに乗り換え②ご返却③お買い上げ(一括でご精算または再クレジット)の3つのプランからお選びいただきます

※3自動車保険の年齢条件は26歳以上を対象、14等級で算出。その他費用には、初回車検~利用期間中の自賠責保険料および重量税、定期点検、故障修理、代車、ロードサービス、油脂類の交換および補充、所定の消耗品の交換を含みます。その他の項目の試算条件は「初期費用フリープラン料金比較シミュレーション」内の注意事項をご確認ください

「KiNTO」月額利用料に含まれるもの

充実の自動車保険

万が一の事故をフルサポート!
安心の特約も!
・ 対人も対物も無制限保証
・ ご自身、同乗者の怪我も5,000万円まで
・ 自己負担額最大5万円で車を補償
1事故につき300万円の 弁護士費用
ロードサービス
事故最長30日、 故障最長15日の レンタカー費用保証
消費税はかかりません

対人・対物の補償は安心の無制限補償。
自損事故などクルマの修理が必要な場合も車両保険の免責金額(自己負担額)最大5万円など、充実の補償内容です。
さらに弁護士費用やロードサービスなど安心な特約付きです。

メンテナンスや車検、故障修理、消耗品交換

車検はもちろん、定期点検も、トヨタの正規販売店で受けられます!
さらに、オイル・タイヤ・バッテリーなどの消耗品もトヨタのメンテナンス基準に則って交換します。 万が一の故障時には、代車もKINTOがご用意。

車検や定期点検もトヨタの正規販売店で受けられるので、 自分で他社を選ぶ必要もなく、面倒な予約も楽々できますね!

月額利用料に含まれる消耗品(一例)※
・ エンジンオイル・ エンジンオイルフィルター・ エアクリーナーエレメント・ タイヤ・ バッテリー
・ ワイパーゴム・ ウィンド ウォッシャー液・ エアコンフィルター・ ブレーキパッド・ ブレーキシュー
・ ブレーキライニング・ ブレーキフルード
・ 各種電球・ 各種電池(電子キー、カードキーなど)

※実施には一定の条件がございます。交換は、メンテナンスノートまたは取扱説明書に記載の、距離・期間・摩耗および劣化状況等により必要に応じて実施いたします。
上記(一例)に記載の無い整備項目(消耗品交換)は、メンテナンスノート記載の経年、走行距離基準で実施します。

意外にコストがかかる消耗品も、 これだけたくさんのものが含まれていれば安心ですね!

契約から納車まで最短1.5ヶ月

WEBでカローラ クロスをご契約の場合、ご契約から納車まで1.5ヶ月~2ヶ月程度で完了します。 車に乗るまでには、 自動車保険の契約手続きや自動車税の支払いなど様々な手配が発生し、面倒な作業が多いものです。
しかし、KiNTOなら ウェブで簡単にお申し込みができて一括契約完了!大変便利です。 忙しくて時間のない人も、わざわざお店に出向くことなくスマホやPCから自分の好きな時間に申し込むことができます!

※納車目処は、お住まいの地域・生産工場の状況により異なる場合がございます。
※販売店店頭でお申し込みいただく場合は、販売店にお問い合わせください。

KiNTO(キント)の特徴は?

新しい車のサブスクKiNTOは、 レンタカーやカーシェアリングとは異なるサービスです。

KiNTOについて詳しく解説します。

株式会社KINTOが運営元の「車のサブスクリプションサービス」

トヨタグループに属する株式会社KINTOが運営するトヨタ車のサブスクリプションサービスのことです。料金は月額制となっています。
KiNTOの契約プランは、『KiNTO ONE』をご用意。 トヨタ車とレクサス車が対応しています。

シンプルな料金体系で車を持つことができるのが大きな特徴です。 車にかかるコストを均一化できるため、 複雑で理解しにくい車のコストが解消されている点が好ポイントです。

「 短期間でいろいろな車に乗って楽しみたい」、「 生活スタイルやその時の状況に合わせて車を変えていきたい」、「 複雑なシステムは苦手・・・」
このように考えている人にオススメです。

料金システム

KiNTOの料金システムを簡単に分かりやすく表にまとめました。

KINTO ONE
頭金 0円
ボーナス払い
自動車保険料 含まれる
対応車種 トヨタ車
レクサス車5種
契約期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車、モリゾウセレクション:3年
乗り換え期間 トヨタ車のみ
3年プラン:1年半後以降5年プラン:3年後以降7年プラン:3年後以降※すべて有料

ポイント!
・ 頭金は必要なし
・ 月額の 定額料金のみで利用開始できる
・ 各種保険や消耗品が定額料金に含まれる(追加料金が発生しない)

KiNTOの提携販売店

KINTOの提携販売店は、トヨタ販売店とレクサス販売店になります。販売からアフターサービスまでの工程が一貫しておこなわれ、車検などのメンテナンスも担当します。
トヨタとレクサスそれぞれの公式サイトから検索すると、 販売店の情報について詳しく記載されています。 希望のプランや車種、使用期間等あらかじめ希望を決めておくと更にスムーズな検索ができるでしょう。

審査ではどこをチェックされる?

契約する際には「審査」は必須になります。
・年収
・債務履歴
・職業
・勤続年数
・支払い計画
・そのほかの要件(結婚の有無、子どもの人数、住居の形態)

※公式サイトが資料として提示している「KINTOマガジン」公式サイトの「Q&A」では審査の参考資料として、カーリースの審査基準に言及されています。KiNTOでは審査基準については明かされていません。

契約前には身の回りの支払い状況や、信用情報機関における信用状態を確認しておきましょう。
審査は、収支バランスに問題がないか? 契約希望者の収支に関する情報をチェックすることが基本となります。 あらかじめ事前に確認し安心して契約に進みましょう!

KiNTOとカーリース会社の料金を比較!

総合的に判断しよう

各カーリース会社の料金と比較しながら確認してみましょう!一般的なカーリースとは月々定額で車に乗れるサービスです。KiNTOとは 契約期間や月額料金に含まれるサービス内容が異なる点があります。 よく確認してみて、総合的に判断することをおすすめします!

サービス コンパクト車の料金(税込) SUV車の料金(税込) ミニバン車の料金(税込) セダン車の料金(税込) 高級車の料金(税込)
KiNTO 37,180円~ 44,550円~ 49,500円~ 50,600円~ 74,800円~
おトクにマイカー 定額カルモくん 11,220円~ 15,890円~ 21,390円~ 22,600円~ 54,060円~
コスモMyカーリース 21,560円~ 41,800円~ 42,900円~ 40,920円~ 91,960円〜
オリックスカーリース 13,750円~ 27,280円~ 29,260円~ 25,630円~ 70,510円~

一番安く利用できるのは?

コンパクト車・・・おトクにマイカー 定額カルモくん

SUV車・・・おトクにマイカー 定額カルモくん

ミニバン車・・・おトクにマイカー 定額カルモくん

セダン車・・・おトクにマイカー 定額カルモくん

高級車・・・おトクにマイカー 定額カルモくん

あらら?全部、「おトクにマイカー 定額カルモくん」という結果に・・・

一番安くてお得なのは「おトクにマイカー 定額カルモくん」ということでしょうか!?

いえいえ、お待ちください!ここで料金だけを見て、早急に決めてしまうことは危険です!

1部のメンテナンスや定期点検が別途となっているケースもあります。

「日産、 ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ」これらの車種については、KiNTO以外の3社 すべてで取り扱いがありました。KiNTOでは 取り扱っていない車種ということになります。しかし、「私はレクサスに乗ってみたい!」という人は選ぶ会社はKiNTO一択です。 レクサスを取り扱う会社はKiNTOのみなので、レクサスにこだわりがある!という人は注意しましょう。

車種を重視するかどうかも、 会社を選ぶ大事なポイントです!

Twitterで口コミを調査

悪い口コミ

・トヨタ kinto それなりの値段の新車を日常的に買い換えている人にとっては、悪くない買い方だと思う けれど、中古の軽30万円で買って、かれこれ6年くらい乗っている私にしてみれば kintoは高すぎるんだよね そもそも200万円、300万円の車を買うっていう選択肢が頭にないから、比較対象にならない。

結局さ、ドラレコつけると6000円、3年で21万円 「それ今どき、高くね?」となるわけです。 ヤリスの宣伝もやたら「若者」向けに絞りすぎて、なになに子連れはダメなのみたいな突き放された内容(子連れはデカイのにしろみたいな)。色々微妙で、聞く耳持たない政府より鈍感なトヨタさん。

・トヨタのサブスクKINTOってどの層狙ってるんだろ?月額料金が思った以上に高いし、駐車場のコストも考えたら、スポットのカーシェアかレンタカーで十分な気がする…そこそこ収入ある顧客層なら買った方が良さそう。色々乗り回せるのが良いのかなぁ。
・トヨタのサブスク「KINTO」、最低でも3年契約しなきゃいけないの?何だそりゃ、安くもないし誰が使うんだ?

・トヨタのkinto。あんまり契約伸びてないみたいだけど、あのCM見てても、諸経費込みだから寧ろアリみたいに言われてもあの値段がそもそも安く無い上に、そこにガレージ代掛かるし、結局自分の所有物にもならんわけだから、やっぱ高いよね。逆にそれだけ払う人は買うだろうし。

 

先ずは、悪い口コミからチェックするという人も多いのではないでしょうか?意外に気になりますよね。

悪い評判をまとめると、以下のとおりです。

  • 中古車購入で数年利用している層にとっては、サブスクリプションサービスとしても割高
  • 最低でも3年間という契約期間は長く感じる
  • 最終的に手放すのであれば、購入したほうがよさそう
  • ドライブレコーダーが別途料金になっているため、上乗せするとなると費用が高い
  • 走行距離が制限されている点が気になる
良い口コミ

・リースは買うより割高なのはわかっているがトヨタのKINTO/KINTO SELECTのように毎度新車が来るのなら新車を買い続けていくよりいいかもしれない。会社経営などならリース契約は100%経費になるのでその点もいいかも。ただKINTOは山梨県も対応しているが、KINTO SELCT(レクサス車)は非対応(笑)。

・車、2年間で概ね20-30万くらいの維持費がかかって10年償却くらいと考えると、300万の車で年間40-50万くらい。月3〜4万くらいと考えるとKintoもあながち悪くない?

・車、売るのも買うのもプロセスを楽しめないとマジで面倒くさいので KINTO みたいなサブスクとか全然アリだと思いますね。ただ、純粋に車が好きで車の仕事してるオジさん達はみんな仕事楽しそうで、そういう人たちと次々出会えるのはなかなか悪くない。

・KINTO使ってクルマ調達する事にした。費用の見通しが立つのでわかり良いのと、3年総額が悪くない金額だったので。カード払い出来るのもよい。

・車のサブスクをやってるトヨタのkintoてやつ、車検とか処分とかも返却すればいいだけやし、いろいろコミコミで月額4万からて手軽でとてもいい。

 

良い評判をまとめると、以下のとおりです。

  • 毎度新車が来るのなら、新車を買い続けていくよりいいかもしれない
  • 運用方法が手軽で簡単
  • 車検も処分も返却の一手で終わらせられるのも効率的
  • 費用が可視化できて支払いの見通しが立てやすい
  • カード払いができるのもうれしい
  • 購入から売却、処分までの面倒な手続きが無くなるのはありがたい
  • 新車のメンテナンス費と比較すると、同額の車を購入するよりもKINTOのほうがお得

 

実際にトヨタのKiNTOを利用した人や、検討している人による口コミ・評判を紹介しました。

みなさんは、どのように感じられましたか?

価値観や視点は個々に違いがあり、それぞれにどの意見も参考になると思います!自分はどの部分を重要視して選ぶのか?何を希望するのか?よく、検討してみてくださいね!

KiNTOを利用する際のデメリット

デメリットを続けて紹介します。利用イメージや保険などの状況と照らし合わせながら、悪い口コミ同様にしっかりとチェックしましょう。

トヨタ車とレクサス車のみの取り扱い

取り扱っている車種は要チェックです!公式サイトにて確認可能です。

トヨタ車とレクサス車のみの取り扱いなので、コンパクトカーが希望という人には向かないでしょう。逆に、トヨタ車が好き!この機会にレクサスに乗ってみたい!という人にはピッタリです。

ただし車両切替によっては、一時的に取り扱いが無くなっていたり、仕様が変わっていたりすることも。

希望の車種がある場合には、店舗への確認が必要です。申込の際には充分に注意してください。

「残存価値」を意識して丁寧に乗る必要がある

・修理やクリーニングが必要
・車両価値の低下とみなされる状態
・数cmに及ぶ傷や、凹みといった通常使用の範囲を超える損傷がある

以上のような状態が見受けられる場合には、その修復に伴う費用を負担しなくてはなりません。車になにかしらに問題があった場合、返却時の負担金として支払う必要があります。
こちらはカーシェアリングにも同じことがいえますが、利用する際には注意してください。運転に自信がない人、免許取り立ての人などは特に気になるところです。

加入中の任意保険を引き継げない

すでに加入している任意保険を引き継ぐことはできないため注意が必要です。ただし、「中断制度」を利用するという方法があるので、引き継ぎたい場合には加入先の保険会社に問い合わせを!
「中断制度」とは、KiNTO利用後に車を購入した際、KiNTOの利用前に加入していた任意保険と同等の等級を適用できる制度のことです。
車の維持コストの大半をしめるのが任意保険です。後から後悔しないよう、事前確認をしっかりと行いましょう。

KiNTOを利用する際のメリット

頭金0円・月額定額で新車に乗れる

KiNTOでは頭金を用意する必要もなく、新車に乗ることが可能です。月額制で事前にかかる金額も予測できるため、支払いのハードルも低くなります。
一番低価格な車種の3年プランであれば、月額30,000円台からの利用も可能!
購入となると、頭金の用意やローンの支払いが厳しくなってしまう車種や憧れの高級車にも乗れるチャンスです!
頭金の相場は総額の約20~30%といわれており、200万円の車であれば約40~60万円、300万円の車であれば約60~90万円にも・・・!
「頭金0円・月額定額」という支払いの手軽さは見逃せない最大なメリットでしょう。

料金システムは自動車保険込み

月額料金以外に発生する費用はほとんどなく、基本的に必要となる自己負担金額は、ガソリン代や駐車場代にかかる料金のみと考えられます。
月額料金に諸経費が含まれているので、保険料や自動車税はもちろん、定期メンテナンス費用や故障修理時の料金を別に準備しておく必要がありません。
カーローンの支払いのように、分割払いによる手数料などが発生しない、「カーナビ」や「ETC」といったオプションも料金内設定なので家計も助かりますね!

新車への乗り換えが定期的にできる

「のりかえGO」というサービスが「新車への乗り換え」の対象です。一定期間が経過すると、手数料のみで新車に乗り換えができるというもので、3年プランで1年半後以降、5年・7年プランで3年後以降での乗り換え期間です。

メンテナンスは販売正規店でOK

車のメンテナンス費も、月額料金のなかに組み込まれており、定期点検や消耗品の整備・交換なども一括して正規販売店に依頼する事ができます。そのため整備基準の高さもメリットです。

中途解約にも良心的に対応

KINTO ONE:免許を返納した場合(3年プランかつ利用開始日から6カ月以上経過時のみ)
KINTO ONE:海外転勤などで使用困難となった場合(3年プランのみ)
以上のシチュエーションにおいて中途解約金が不要となり、中途解約が禁止とされていることの多いカーリースにはない利点でしょう。
また、上記以外の理由で中途解約となった際には、「残利用料 + 追加精算金」の支払いとなります。

 

まとめ

結局のところ、KiNTOが向いているのはどんな人なのでしょうか?

3~7年しか車に乗らない人
支払いを均一化したい人

トヨタ車、レクサス車が好きな人
ライフステージに合わせて車を乗り換えたい人

 

簡単にまとめると、KiNTOをおすすめできるのは以上のタイプの人でしょう。

何より、「トヨタ車とレクサス車が好き!いろいろ乗って楽しんでみたい!」という人には断然おすすめできます。

今の時代、カーリースはもはや主流となりつつあります。
この新しいサービス、車のサブスク「KiNTO」もぜひ選択肢に入れて検討してみませんか?

あなたの豊かなカーライフが実現することを願いつつ、この記事を終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

  • 只今、売れ行き絶好調! 家庭用脱毛器「ケノン」その人気の秘密を徹底調査!

  • 【2022年最新】オススメのカーリースサービス7社を徹底比較!

  • 治験のボランティアで稼ぐのは安全?危険?時間はあるけどお金が無い人にはオススメのアルバイト!